前へ
次へ

やりがいを感じる家庭教師のバイト

大学で教育免許を取得することになってから、練習を兼ねて家庭教師のアルバイトを初めて見ることにしました。
生徒は中学生の女の子で、はじめの頃は嫌々勉強をしているといったところでやる気が全く見えませんでした。
そこで、出来る限り勉強に興味を持ってもらえるように自分の持つ知識を総動員して面白い話や興味の持てるような話を勉強の合間に挟むことにしました。
はじめは伸び悩んでいた成績も少しずつ伸びてきて、今では上位の成績に食い込むようになってきました。
生徒の成績が伸びることは、家庭教師にとってやりがいを感じることが出来るため、指導にもついつい熱が入ります。
保護者の方に成績が伸びたことを感謝されたときも、家庭教師のアルバイトをしていてよかったなと感じる瞬間でもあります。
あれほどやる気のなかった生徒でしたが、今では積極的に質問をしてくるようになりました。
生徒のやる気を伸ばしてあげることが、家庭教師の役割だと感じます。

Page Top